2011年07月21日

歯科医療の進むべき方向性ここにあり!!6

柿木先生は介護を要する方の口腔ケアを行うに当たり
口を開けたり、閉じたりする筋肉を
まずほぐすことから始めるそうです。

介護を要する方は口を閉じることができず
結果として唾液が蒸発して
口の中が乾燥して、物を飲み込むことができない
摂食機能嚥下障害を起こします。

唾液が少なく、潤いがない口の中は、雑菌も大量に繁殖し、
それらの菌を誤って肺に飲み込んでしまい肺炎を起こして
最悪の場合は死に至ります。

すなわちお口をしっかりと閉じて、唾液をしっかりと胃の中へゴックンできるかどうかは、
命にかかわる問題なのです。

柿木先生は筋肉をほぐし口の中を清潔にケアし
30分くらいで口をしっかりと閉じれるようにするそうです。

患者さんに話しかけながらマッサージをして
やさしくケアされている柿木先生の様子が思い浮かびます。
人の尊厳を大事にした医療です。

国連のWHO(世界保健機関)では1948年に、人の健康は
身体的、精神的、社会的な全てを満たさねばならないと定義していますが、
もうひとつ、1999年に霊的にも健康である必要があると提言しています。

日本の医師たちはこの霊的健康という言葉をすごく嫌うという話を聞いたことがあります。
おそらく宗教やオカルトめいた響きがいやなのでしょう。
これを今風にスピリチュアルな健康ととでもいうと
もう少し入っていきやすくなるのでしょうか?

霊的健康はチベットの国民や医師からすると
きわめて自然なことなのでしょう。

柿木先生の宗教観とかはわかりませんが、
漢方薬をさらりと使用したり、マッサージで患者さんを健康にしたりと
僕がこれまで片意地張って学んできた医宗同源を含む統合医療を
柿木先生はさらりとやってのけておらるようで、
まさに目からウロコでした。

霊的健康とは人としての尊厳や生活の質などを
念頭に置いた概念だともいわれていますが、
普通に宗教的な概念と考えても差し障りないと思いますが、
いかがでしょうか?

まあいろいろ理屈を並べる前に
とにかく目前におられ
介護必要されている方に
柔軟な考えを持った
愛と真心に満ちた
尊厳ある医療が必要だと思います。
posted by しげさん at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。